Visiting Dave Adams's Layout デーブ・アダムスのレイアウト訪問

I visited Dave Adams, a friend of mine, to get a help to silver solder the boiler for my ERIC, because I do not have big enough burner for the job. The boiler soldering story will be upped to my web site later. After finishing soldering work we enjoyed running his "Coffee Pot" steam railcar on his new layout. Now Australia is in winter and cool enough to see nice white steam from "Coffee Pot". Thank you very much for an enjoyable day, Dave.

友人のデーブ・アダムスの助けを借りてERICのボイラーの銀ロウ付けをしてきました。銀ロウ付けの詳細はあとで私のサイトにアップします。作業後、できたばかりのレイアウトで彼のコーヒーポット(オーストラリアの蒸気動車)を走らせました。今オーストラリアは冬で気温が低く、蒸気がよく見えて素晴らしかった。

  DSCF4846web.jpg

These complicated points and crossings are all hand-layed.
この複雑な複合ポイントはデーブの自作です。

DSCF4848web.jpg  

DSCF4844 (Medium)  


DSCF4846 (Medium) DSCF4846 (Medium)
Comments

ご当地での降水量はどの程度でしょう。

 庭園鉄道に憧れています。素晴らしいですね。
 土台の緑が、私の製作中の庭園鉄道用のセクショナル・トラックと同じで嬉しくなりました。
 日本では、敷きっ放しでは苔だらけになってしまうと思い、取り外し式で、庭を一周して室内の本線に戻る様にします。
 天気の良い時に芝生の上にセクショナル・トラックを並べます。組み立て5分、撤収1分が目標です。

Re: ご当地での降水量はどの程度でしょう。

空気は乾いていますが、降水量は結構あるんですよ。ここ3週間ほど毎日のように雨が降ってました。昨日から晴れましたが、久しぶりって感じです。
うちみたいに地面に敷いているとメンテがすごく大変です。すぐに草ボウボウになるし、ポイントには泥が詰まるし。柱で高架にしちゃえばメンテは楽ですが、あまり庭園鉄道って感じじゃなくなりますね。ここ一年ほどある事情で全く手入れしてなかったんで、今は悲惨な状態です。暑くなると庭仕事があまりできなくなるので夏になる前に復旧したいところです。
今作ってるライブスティームが完成したら、高架の線路も敷設する予定です。ライブスティームは高架にしないとやりにくいので。
32mm軌間なら庭に敷いても問題ないと思います。私のクラブのメンバーも半分くらいは32mm派です。16mmゲージ(1フィートを16mmに縮尺すると2フィートゲージが16mmになる)の人がおおいので。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.