TrainWorks NSWの鉄道博物館 (1)

今日はThirlmereでクラブのレイアウト運転会があったんだが、まあこれはいつもの通りで特に新しいこともなかった。でも、Thirlmereに近づくと煙が上がっているのが見えた。Thirlmereに鉄道博物館があるので、ひょっとすると今日汽罐車が動いているのかもしれない。運転会の方は昼で切り上げて博物館の方に行ってみた。

Today I went to Thirlmere to attend club meeting. When I approached to Thirlmere I saw smoke climbing up. There is a railway museum in Thirlmere. So the smoke may be from a steam loco. I cut the meeting and went to the museum.

DSCF2351web.jpg

なんどもThirlmereに来ているが実は今回が初めて。まあ、田舎町の博物館などたいしたことないと思っていたんだが、そこで目にしたのは真新しい大きな博物館の建物であった。博物館の人に聞いたら何でも今年4月にリニューアルオープンしたとのこと。人出もかなりあった。蒸機列車に乗れるかと聞いてみると今日は「A Day Out With Thomas」と言う催しをやっており切符は完売とのこと。通常は日曜だけ運転しているらしい。

I have been in Thirlmere many times, but never visited the museum because I thought a museum in a small country town would not be so impressive. However I found my preoccupation was totally wrong. What I found was brand new and quite large facilities of the museum. Museum staff said the museum renewed and opened in last month. There were a lot of people wondering around in the museum because the museum held an event “A Day Out With Thomas”. I asked if any train ticket available, but unfortunately all tickets were sold out. Usually they run steam trains only on Sundays.

 記事全体を見るには下のRead More >>を押してください。

To show entire article press Read More >> below.


イベント列車にはトーマスアニメの顔とナンバーが貼りつけてあった。こちらとしては罐が台無しって感じであるが、子供向けのイベントなので仕方が無い。なかなかきれいなテンホイではないか。実は私はオーストラリアの鉄道に関しては殆ど何も知らない。で、この罐がどんな罐なのかコメントできない。

Event trains were decorated with faces and numbers from Thomas story. As a railway enthusiast I did not want to see this kind of decoration, but it was an event for kids. I may come back again in normal days. It is beautiful ten-wheeler, isn’t it? However my knowledge on Australian railways is quite limited and I can not comment on this loco.

DSCF2337web.jpg

DSCF2349web.jpg

\ところで、博物館の配置はこのようになっている。日本の鉄道博物館を見たものからするとえらくデカイ。しかも、実働車がかなりあるのも素晴らしい。例によってリストアはボランティアによって行われているようである。

Arrangement of the museum is as this.

Site Map

こんなディーゼルカーのサービスも行われていた。上の図の”A"と”B"の間を往復しており、無料である。木造のディーゼルカー、なかなかいいではないか。

There was a short service by a rail motor between “A” and “B” in above picture. This service was free.

DSCF2465web.jpg

DSCF2345web.jpg


DSCF2462web.jpg


中は2等と1等に分かれているが椅子は同じだだし何が違うのかわからん。

There were two cabins 1st class and 2nd class, but I did not see any differences in their seets.

DSCF2456web.jpg

続く。

To be continued.
Comments

No title

こんにちは。
昨日まで出張でした。いつもありがとうございます。

トーマス群!拝見いたしました!みんな大きくびっくりいたしました!実物大(実車)
なのですね。
木製のディーゼル機関車!それらしいモノがdvdに出てました。
本当に施設の規模が日本と違いますね。

ありがとうございました!

Re: No title

ども、

すいませんが、木造のやつは機関車ではなくディーゼルカーです。
このNSWの博物館は大宮の鉄博よりはるかに大きいですよ。
それに毎週末何か保存車両を運転してるみたいだし。

こおいう保存車両はみんなボランティアの人たちが修復も運転も行なっています。

オーストラリアはイギリスの流れを汲んでるので鉄道の保存には熱心です。
人口が日本の1/5程度の国にしてはよくやってると思います。
Post a comment
Only the blog author may view the comment.