LMLR (Lake Macquarie Light Rail) 1

今日はLMLRを昨日の運転会の残党で訪問した。この鉄道は一般公開をあまり行っておらず見る機会があまりない。機会を逃したくないので今日は休暇をとった。11エーカーの敷地に2’の線路が1キロあまり敷いてある。車庫は二つありこれが大きいほう。汽罐車の運転を期待していたんだが今日はダメらしい。がっかりだ。

Some attendees of yesterday’s steam up visited LMLR. This preservative railway is usually not open to public and I did not want to miss this opportunity. There are two engine sheds. This shows larger one. All of us expected to see steam loco running, but not in this case.


DSCF2573web.jpg
記事全体を見るには下のRead More >>を押してください。

To show entire article press Read More >> below.

車庫内ではかなりの人数が作業していた。左の3人は訪問者。

Many people were working in the shed.



DSCF2560web.jpg

この車庫には客車の他に汽罐車の二両保存されていた。これはFairymeadと呼ばれているボールドウィン。なんと魅力的な軽便汽罐車ではないか。これが動いてるところを見たかったなー。

Two steam locos were resting in the shed with coaches. This Baldwin “Fairymead” looks very nice. I want to see her running.

DSCF2583web.jpg

これはあとで紹介するMalcolm Mooreと呼ばれている機関車の足廻りを使って作ったガソリン機関車。足廻り以外はここのおじさんたちが作っちゃったらしい。今日我々の列車を引っ張ってくれるのはこいつである。凄まじく幅が狭い、花巻の馬面電車を思い出してしまった。

This petrol loco would be on duty today. She was made using frame of Malcolm Moore (will be mentioned later) and upper structure and other mechanism were made by members.

DSCF2561web.jpg

もうひとつの車庫。車庫の右は工作室。今車庫から出てきたやつがMalcolm Mooreである。この車庫には7号機とバラバラ状態でリストア中の汽罐車がおいてあった。

This is another shed with workshop. The loco exiting from the shed is “Malcolm Moore” petrol loco.

DSCF2630web.jpg
工作室の中。

Inside the workshop.

DSCF2619web.jpg

えらく古そうなフライスと、

Very old mill,

DSCF2617web.jpg

これまた、えらく古そうな大型旋盤があった。

Also very old large lathe.

DSCF2622web.jpg

続く。 
To be continued.


Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.