Outdoor Mine Museum in Broken Hill 野外鉱山博物館 (4)

鉄道関係以外にもいろいろあったので紹介する。これは蒸気駆動ウインチ。多分鉱山巻き上げ機用だと思う。ラピュタに出てきたみたいなやつだ。

A steam winch. I guess it was used for mine winder.

75-01.jpg
記事全体を見るには下のRead More >>を押してください。
To show entire article press Read More >> below.
Stephenson valve gear.

75-02.jpg
驚いたことにコンロッドエンドが木製である。多分リグナムバイタ製であろう。

Surprisingly the big ends of the connecting rods are wood. I presume the wood is lignum vitae.

75-03.jpg
巻き上げ機用のカゴもいくつか転がっていた。これを使う奴はケージワインダーと呼ばれる。通常人にも鉱石揚げにも使われる。

There were some winder cages. The winder uses cages are called "cage winder" and used for man riding and small amount of lifting.

75-04.jpg
このカゴにはトロッコ用のレールが敷いてある。 This cage has a track for ore cars.

75-05.jpg

これはスキップと呼ばれる鉱石専用の運搬具。左下に見えるシャフトを中心にこのバケツがひっくり返るようになっている。右下にあるローラーがガイドレールにはまり、地上でバケツをひっくり返すのだ。これがついてる奴はスキップワインダーと呼ばれる。通常スキップワンダーと上記のケージワインダーは対で使用される。

This is a skip for ore lifting. The bucket can turn around the shaft seen at left bottom. The rollers seen at right bottom run into guide rails on the surface and turn the bucket. This kind of winder is called "skip winder". Skip and cage winders are used in a pair.

75-06.jpg

人専用のケージ脱出ハッチが上下にあるのがわかる。

A man cage. It has escape hatches at the top and bottom.75-07.jpg

このギザギザのものは非常クランプである。これは動作状態。ロープが切れると爪がこの位置に動いてガイドレールを掴む。

These are emergency clamps. If the rope broken, the clamps move to this position and hold the guide rails.

75-08.jpg

ギザギザの爪を駆動するメカが内部にある。ロープが切れるとスプリングの力で爪の軸が回転するようになっている。

This shows the clamp driving mechanism. If the rope broken, the springs rotate the clamp shaft to emergency position.

75-09.jpg
Comments
Post a comment
Only the blog author may view the comment.